読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Block Rockin’ Codes

back with another one of those block rockin' codes

Apache mod_spdy の X-Associated-Content で Server Push

intro

SPDY の Server Push については以前にも書きましたのでそちらをご参照下さい。

SPDY と WebSocket の基礎と SPDY の Push - Block Rockin’ Codes


上記記事ではサンプルの実装に node-spdy を用いましたが、更なる検証のために他の実装を調べました。


主な SPDY 実装で、 Server Push を実装しているサーバは、把握してる範囲では以下のような状況です。


今回は Server Push の検証のために、 Apache mod_spdy でこの機能を有効にする方法を調べました。

Apache mod_spdy

名前の通り、 Apache HTTP Server を SPDY 対応させるためのモジュールです。

mod-spdy - Apache SPDY module - Google Project Hosting


mod_spdy 自体のインストールはこちらを参照下さい。

Apache mod_spdy のインストール - Qiita [キータ]


そして、 mod_spdy で Server Push を行う方法は、基本的には本家の wiki である下記に書かれているんですが、具体的な方法の情報が少なかったので書いておきます。


https://code.google.com/p/mod-spdy/wiki/OptimizingForSpdy#Using_SPDY_server_push

X-Associated-Content

Server Push するリソースは X-Associated-Content というヘッダで指定します。
ヘッダのフォーマットは以下のようなものです。

X-Associated-Content: "https://www.example.com/styles/foo.css",
                      "/scripts/bar.js?q=4":2,
                      "https://www.example.com/images/baz.png": 5,
                      "https://www.example.com/generate_image.php?w=32&h=24"


mod_spdy は、この X-Associated-Content ヘッダを見つけると、そこに指定されたリソースをクライアントに push します。
フォーマットルールは以下です。

  • リソースは絶対パス指定、相対パスは非対応。ホストまでは省略可
  • 各々をダブルクオートで囲む
  • 複数ある場合はカンマ区切り
  • コロンの次に priority(0-7) を指定できる


注意点は以下です。

  • X-Associated-Content ヘッダは mod_spdy で処理されると削除される(クライアントには届かない)
  • priority が指定されなかった場合は、現実的かつ最小の値が自動で付与される(実装依存)
  • priority は値が小さい方が優先順位が高い


以上より、 mod_spdy が処理する前のどこかの処理で、レスポンスヘッダに X-Associated-Content ヘッダを付与してあげれば、mod_spdy が push を行ってくれます。
方法としては CGI などでプログラムで行うか、 mod_headers を用いることで実現できます。 

mod_headers

Apache のモジュールだけで完結し、デフォルトで入ってることから mod_headers を用いる方法が一番手軽です。
mod_headers はそのなの通りヘッダを制御するモジュールで、設定ファイルのほとんど全ての場所で、のヘッダを操作できます。


では、 /spdy/test/push.html に、 /jquery.js と /bootstarp.css を push する設定を作成してみます。

<Directory /spdy/test>
  Options Indexes
  allow from all
  <Files push.html>
    Header append x-associated-content "\"/jquery.js\", \"/bootstrap.css\""
  </Files>
</Directory>

ダブルクオートのエスケープに気をつければそのまま書くだけです。

成功したら、 Chrome などで jquery.js と bootstrap.css が Cache から読み込まれていることを確認して下さい。

Rails

とにかく mod_spdy に渡る前に X-Associated-Content ヘッダが付与できれば良いので、プログラムを介す場合はそのプログラムから API 経由でレスポンスをいじれば同様のことができます。
RailsApache で走らせている場合は以下のような感じ。(参考)

class SPDYController < ApplicationController
  def server_push
    response.headers["X-Associated-Content"] = '"/assets/jquery.js", "/assets/bootstrap.css"'
  end
end

CGI なども同様です。

outro

SPDY 単体でもそうですが、 Server Push も含めるとサイトの最適化に対する選択肢が増えます。


特に「ハイパフォーマンス Web サイト」に書かれているような手法のいくつかは、SPDY によって見直す余地が出てくる可能性があります。


現在その辺を少し検証しているので、まとめたらまた書きたいと思います。