読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Block Rockin’ Codes

back with another one of those block rockin' codes

HTTP2 の RFC7540 が公開されました

Intro

今朝、ついにずっと策定作業が行われていた HTTP/1.1 の後継仕様である HTTP2 と、 関連仕様である HPACK が、 RFC として公開されました。

それぞれ番号は 7540 と 7541 になります。

ちなみに HTTP/2.0 ではなく HTTP/2 が正式名称です。(マイナーバージョンアップでの HTTP/2.1 などはありません)

二年半

HTTP2 の前進である SPDY のコピーとして始まったのが 2012年11月28日。 このブログで最初のドラフトを紹介したのは 2012年12月でした。

次世代規格 HTTP2.0 のファーストドラフト公開 - Block Rockin’ Codes

もうそれから二年半くらい経つのですね。。あっと言う間でした。 そっから #http2Study という勉強会を主催したり、ブログも結構書きましたね。

自分で実装してみたりもしました、仕様を網羅するには全然足りてませんが。 これが Go を始めるきっかけでしたね。

けっこう色々やったなぁ。

http2study

日本にはかなりのガチ勢が集まっており、結果として日本のコミュニティの貢献は RFC の最後に以下の一文を載せていただくまでになりました。

The Japanese HTTP/2 community provided invaluable contributions,
including a number of implementations as well as numerous technical
and editorial contributions.

本当に嬉しいですね。

これから

HTTP2 の RFC 化は終わった訳ですが、これは HTTP2 にとってはむしろ「やっと始まった」ということです。 これから、実際に HTTP2 を使う上でまだまだ足りてないものは沢山有ります。

  • HTTP/1.1 からの移行
  • パフォーマンスチューニング
  • セキュリティ
  • 負荷分散構成
  • 実運用ノウハウ
  • gRPC のような使い方
  • etc

(先日あった Push に関する議論 も、実際にデプロイして検証していく必要がありますし。)

http2study も、 HTTP2 の「仕様を議論する」という最初のフェーズを終えて、第二フェーズとしてこれから「どうやって使っていくか」という話や、デプロイ・運用ノウハウの共有などに移っていければと思っています。

このへんは実に一ヶ月早く世界に先駆けて勝手に実施した RFC 発行祝賀会 でも話しました。

www.slideshare.net

もちろん、 WebSocket over HTTP2 や HTTP/3 の議論が始まれば、それも追って行きたいと思います。

Outro

HTTP2 各位、本当にお疲れさまでした。ここまでの 2 年半本当に楽しかったし、勉強になりました。

これからもコレを使いこなす/使い切るために、色々議論していきましょう!