読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Block Rockin’ Codes

back with another one of those block rockin' codes

Web+DBPress Vol.71 で WebSocket 特集を書かせて頂きました。

websocket wdpress socket.io

intro

タイトルの通り、 WEB+DB PRESS Vol.71 で WebSocket の特集を書かせて頂きました。


WEB+DB PRESS Vol.71

WEB+DB PRESS Vol.71


この特集は、 @ さんと分担して書かせて頂いてます。
分担はこんな感じ。

第1章:WebSocket入門 Jxck
HTTPの限界とリアルタイムWeb時代の到来
第2章:WebSocketプログラミングの基本 Jxck
Socket.IOのインストールとAPIの使い方
第3章:チャットアプリケーションの作成 mizchi
Socket.IOでメッセージ処理
第4章:シンプルな多人数同期型アプリケーションの作成 mizchi
Socket.IOの特性を最大限に活かす
第5章:WebSocketのこれから Jxck
関連仕様とHTTP2.0の動向


おおまかに、自分が WebSocket プロトコル自体の話と Socket.IO の導入。
mizchi さんが Socket.IO を用いた本格的なアプリ実装解説。
といった感じの分担で書かせて頂きました。

担当章について

1 章では、初心者向けに、なぜ WebSocket が出てきたのか、
HTTP とは何が違うのかなどを解説しています。


2 章では、それをふまえて Socket.IO のモチベーションと、
その最小限の使い方を解説しています。 Socket.IO@1.0 についても軽く触れています。


3 章では、「もう WebSocket の初心者向けエントリは飽きた。」
という方も満足できるような内容を意識して、
WebSocket の Extension や SubProtocol。
そして、 SPDY から HTTP2.0 への流れなども簡単に触れています。


全体として、進化の早い WebSocket の現状と最新動向をまとめてありますので、
興味のある方は、是非読んでみて頂けると幸いです。


書く側としても、色々調べ直しながら書いて行く中で、
自分の知識をアップデートしたり、理解不足を補う事ができました。


また、レビュアーの方々に色々指摘を頂けたのも、
自分としてはとても勉強になりました。

謝辞

本誌には書けなかったですが、
今回も、色々な方にお世話になって書き上げることができました。


そんな中でも、自分の原稿のレビューをして下さったみなさま。
一緒に書かせて頂いた mizchi さん。
タイトなスケジュールの中担当頂いた、技評のみなさん。


本当にありがとうございました。